私のスウェーデン生活の記録です
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スウェーデン!
すっかり正月も過ぎ去り、そろそろ旧正月という中途半端なタイミングでの新春初ブログとなりました。
礼節を重んずること無くマイペースにもほどがある私ですが、今年もどうぞよろしくおねがいいたします!!

さて、前回のブログでスウェーデンに戻るのは2月と言っておりましたが、すでにスウェーデンに戻って来ています。
帰ってくるまでは暖冬だったらしいのですが、現在−20℃近いとかすごいことになっています。
人生で一番寒い冬を体験中です!銀世界です!キレイです☆

娘は初めてソリに乗りました。保育園にソリで通っています。(でも昨日からもうイヤになったみたい。笑)

来週から夫は日本に戻り、5月下旬まで留学生活を続行します。
私と娘は4月か5月に日本にまた一時帰国をして、夫とスウェーデンに戻る予定です。
それまでは夫の家族の協力を得ながら、母娘2人でスウェーデン生活です。
私にとってはビッグチャレンジ!(スウェーデン語が出来れば、それほど大変じゃなかったのかもしれませんが…)
ここ数年、ダラ〜ッとしてきたので、今年はすごくやる気が湧いて来ています。
子育て、仕事、スウェーデン語の勉強をバランス良くこなしたい。(嫁業が抜ける分だいぶラクかも?)
まぁ、あくまでも理想ですが。
 
もうすぐ2歳になる娘は日本に居た3ヶ月間で、すごく喋るようになりました。
日本語の上達もさることながら、スウェーデン語も伸びています。私よりも断然理解しています。
1歳でもちゃんと日本語とスウェーデン語の使い分けが出来るんです。子どもの脳ってスゴイ!
イヤイヤ期らしきものに入りつつあるようですが、最近は絵本への興味も強くなって来たので、
娘用の絵本でも制作したいなぁと思っているところです。
最近口癖の「だめぇ〜」って言われないように頑張らなくちゃ!
玄関
お久しぶりです!(またもこの書き出しって…)
スウェーデンにしては寒くなかった冬も終わり、春がやって来ています。
でもまだ暖かい日は少ないです。

ところで、今月下旬、私たち一家はハルムスタッドからストックホルム郊外に引越します!
2年強のハルムスタッド生活、大変な事も多かったけども、
思い出がいっぱい詰まっているこの地から去るのはやっぱり淋しいです。
ストックホルムには夫の家族が居るし、ここよりも絶対に楽しい生活になるだろうとは思うけども、
きっと時々思い出して懐かしんだりするのだろうなぁ。
娘の産まれた街ですしね。

最近、その1歳3ヶ月の娘が室内で靴で遊ぶのが好きで困っていますrabbit
何度も「靴は外で履くものだから、玄関に戻して!」と言ったところで1歳3ヶ月…どこまで理解できるのやら?
また娘の理解を妨げているのが、スウェーデンの玄関の様式なのではないかとも思っています。
スウェーデンでも日本と同様、室内では靴を脱いで生活します。(驚かれる事も多いのですが)
ただ、日本のように玄関にはっきりとした線引きがなく、
だいたいの家で、段差は全く無く、玄関マットがある"あたり”が靴を履く場所という曖昧な感じなんです。
しかも、こちらの人は靴を履いた後に忘れ物に気づいたなんて場合は、靴のままで室内をズカズカと歩くのが普通のようです。
片方だけ脱いでケンケンして取りに行く日本人(え?私だけですか?)からするとビックリです!
娘のクリニックでも、靴は履いたままでも、脱いでも、靴にビニールカバーをかけてもどれでも良く、
雨などで靴が濡れている場合はさすがに脱ぐか、靴にビニールカバーをかけるのですが、とても曖昧です。
娘の保育園でも靴を室内で履かせてそのまま歩いて外に出たりするので、
きっと子どもたちは室内でも靴は履いてもいいものと思っているのではないかと思います。
その上、娘は靴遊びを保育園でも毎日しているそうで、先生たちもそれを特に止める事がないようです(苦笑)。
だから娘は靴遊びが容認されていると勘違いしていそうなんですよねぇ。
どんなルールも家でもよそでも統一されていないと、この年齢には難しいですよね…トホホ。

そんな中、苦肉の策(?)で娘の好きなパンダで玄関用の張り紙を作ってみました。


Illustratorでサクッと作ったので粗が多いのですが、仕事じゃないのでこれでオッケー!
あとは娘がこれに気づいて、何かを理解してくれれば良いのですが…
まぁ、そんなに簡単じゃあないですよね!あはは
短い夏
気づいたら、もう夏も終わりに近づいて(すでに終わったかも?)、すっかり秋の気分。
今夏も約3ヶ月、ストックホルム(時々ヘルシンランド)で過ごしました。
3ヶ月は長いかと思ったけど、あっという間でした。もうすぐハルムスタッドに戻ります。

夏と言えば、大好きなベリー摘みなのですが、今夏は子どもが小さいこともあり、あまりしませんでした。

これは義父宅の庭に生っていた大好きなSmultronstället(野いちご)。美味しいし、香りがすごく良いです。

Gustavsberg(グスタフスベリ)の博物館に行きましたよ。




復刻して欲しいデザインがいっぱい。

そして義母のサマーハウス(ヘルシンランド)に滞在し、Loppis(蚤の市)巡りなどもしました。


今夏は異常に暑い日が続き、涼しさを求めて湖に行ったり。


仕事もぼちぼちやってま〜す。
装画担当しました。click→『10代スポーツ選手の食材辞典』
2ヶ月半

お久しぶりです!
はじめての子育てに追われている間に娘が生まれてから今日で75日経っていました。
早いような、そうでもないような、なんとも言えない感覚です。

子育ての大変さは想像していたものとはちょっと違っていました。

ちいさな赤ちゃんというのはどこででも簡単に寝てくれるのかと思っていたんです。
寝かしつけで大変なのは1歳くらいからなのかと勝手に思っていたんです。全然違ってました(笑)。
腕の中で寝た赤子をそっとベッドに移すことの難しさたるや!

それと、2ヶ月半の娘と1日何をして過ごせば良いのか、ネタ探しが大変です。
まだおもちゃで遊べるわけでもないし(数週間前からベッドメリーやモビールのようなものを喜ぶようになりました)、
首が座ってないので、あまり無茶なことも出来ないし…。
ただ、最近は暖かくなり、散歩に行くことが出来てとても助かっています。
ベイビーキャリーに我が子を入れて、1時間かけてシティまで歩いたり。
気分転換にもなるし(私の)、娘も家の中は退屈なので外に出るのは嬉しいようです。

あと、うちの娘はガスがお腹に溜まりやすいようで、泣きながら体をよじらせておならをすることが多々あるんです。
私の食べたものの何かが原因の可能性が高いということで、原因究明のため、1ヶ月くらい前から食事制限をしています。
乳製品全般、玉ねぎ、ニンニク、キャベツ、豆類を避ける食生活はなかなか大変でストレスが溜まります。
でもこれも娘のためだから頑張れる。
明日から乳製品を解禁して、娘のお腹の様子を見てみる予定なんです。
カフェオレが飲めるのが嬉しい♪
けど、近々、コーヒー(普段デカフェを飲んでます)を止める予定なのです。
まあ、そうこうしているうちに娘の胃腸も出来上がって来てお腹の調子は自然に良くなるかもしれないですけどね。
早く良くなると良いな!

昔から子育てに興味が強かったこともあり、さらには赤ちゃんや子ども向けの仕事に多く関わらせてもらって来ていたので、
子育ての大変さをわかっていたつもりだったのですが…やはり経験より勝るものはありませんね!


さて、子育てと言えば、お受験などに頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?
先日、日経Kids+ 中学受験する?公立に行く? に3人の男の子を描かせてもらいました。

相変わらず岩城さんのデザインが素敵なムックです。
 
近況報告
いやいや、すっかりご無沙汰しております。(この手の書き出しももう聞き飽きましたかね?)
私はすこぶる元気です。
8月17日にハルムスタッドに戻って来ました。

今年の夏は自分の結婚式(8/3)がありました。
そのため、家族や友達が日本などから来てくれて大にぎわい。
7月27日に私の家族が到着してからは怒濤の日々でした。


家族とサマーハウスに行きました。
天気の良い日は太陽の下で食事をしたり、日光浴するのがスウェーデンの定番。

日本は日焼けを避ける傾向があると思うのですが、こちらは夏が短いので、
日光から摂取出来るビタミンD不足を補うために日光浴をしている人をよく見かけます。
あ、もちろんビタミンDのためだけじゃなくて、日焼けをした肌の方がカッコイイって理由で日光浴している人は相当多いと思いますよ。

そして、ベリー摘みにも何度も行きました!


天気の変わりやすいスウェーデン。この夏は虹をよく見ました。
この虹、うっすら二重なんですよ。



今はハルムスタッドで静かな生活に戻っています。
スウェーデン語の学校も再開。
家でもまじめにスウェーデン語を勉強したいし、絵も描きたい!お菓子作ったり、料理も新しいレシピに挑戦したい!そうそう、もちろん編み物もしたいです!
この秋は文化的な秋にしたいって思っています。
…と心意気だけはあるのですが、どうなることやら(笑)。
お洗濯
夏の間、諸事情によりストックホルムの義母のアパートに居候中です。

スウェーデンのアパートにはたいがい共用のランドリールームがあるようです。
このアパートにもあります。
義母宅には洗濯機はあるものの、干す場所がバスルームくらいなので、大量に洗濯物がある場合はランドリールームを利用します。
ここに来てから、ほぼ週1でランドリールームを利用しています。
毎日、7〜10時、10〜13時、13〜16時、16〜19時の4枠あって、空いている枠を予約します。
予約時間から30分以上遅れると、自動的に予約が解除されてしまいます。


洗濯機は2台


奥にはアイロン台などもあります(アイロンは自分のを持ってくるようです)。


タンブラー乾燥機(大容量!)


これも乾燥機。このスタイル、スウェーデンに来るまで見たことありませんでした。
でも、ここでは一般的なようです。
40℃、60℃、90℃と温度が選べます(3段階ではなく、もうちょっとあったと思いますが)。

私のように自宅で仕事をする人にはとても便利なのですが、週末しかお休みのない人には
予約がとり辛くてちょっと大変かも?なんて思いました。
私はこのランドリールームを利用するシステム、とても好きです!

初ミッドサマー
先週金曜(21日)から日曜まで夏至祭の連休でした。
1週間くらい前の天気予報では雨、数日前の予報では晴れ。
スウェーデンの天気予報は外れやすいのだそうで、
どうなるかと心配してたのですが、金曜日は快晴でした!
この週末は近所のサマーハウスにも親戚などが大勢滞在。賑やかでした。
車で5分ほどのところに古い学校跡地があり、そこが夏至祭の会場。
1人70クローナを払ってポールを立てるセレモニーとダンスなどを見ました。

まずは近くの教会からマーチングバンドの演奏を見学。

マーチングバンドの後ろをみんなでついて行きました。
この親子の花冠が素敵でした。


会場内


男性数人でポールを立てています。
あっという間に立ててしまったので、セレモニーらしい余韻などは一切なし(笑)。
ちなみにチェックのシャツの男は夫でございます。


そしてポールの周りに大きな円を作って皆で踊っていました。


これはスピーチとバンド演奏の舞台。
スピーチはこの町の歴史を語っていたそう。(スウェーデン語なのでわからなかった…来年こそは!)


テーブルに飾る野花を摘んで生けました。


そしてケーキのデコレーションも担当させてもらいました。
イチゴを放射状に並べてって言われたので、ギチッて並べたら、どうもイメージが違ったようです(笑)。
こんなにぎっちり並べたもんだから切りにくいのなんの!


野に咲く花がほんとうに美しい。
最近のコト
またまたすっかりご無沙汰しちゃっております。(1ヶ月近く放置…う〜ん)
最近はすっかり気温も上がり(でも昨日は冬に戻ったかと思う程寒かった)、
花があちこちに咲いていて、スウェーデンらしいとても可愛い風景を楽しんでいます。
実は5月末からストックホルム郊外の街に移って来ました。8月下旬にはハルムスタッドに戻る予定です。
只今、ストックホルム生活満喫中です!

さて、サイト、Twitter、Facebookでも書きましたが、現在、外苑前のギャラリークリエイトでのようこそ先輩展11「子供の情景」に参加しております。
今回は手描き新作2点展示しています。
久しぶりにグループ展にお声をかけて頂き、とても嬉しかったです。
(もっとグループ展とか参加したいなぁ〜)
こちらで展示の日程や会場の写真もご覧頂けます→リンク『子供の情景』
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい♪

手描きは楽しい♪♪♪
最近のお気に入り
すっかりご無沙汰しちゃいました。
相変わらず楽しく過ごしています。
週末はいろんなことに挑戦しています。

二度目のシナモンロール作り
手作りは格別!


5月になり、春らしい陽気に導かれるように、サマーハウスには週末に人が戻って来たり、
冬の間閉まっていたいろんな場所が開かれ(近所のキヨスクもオープンになり、便利になりました!)、楽しい季節がやって来ました。

最近のお気に入りは春なのでオープンになった近くのファーム(車で10分くらいの距離)に行く事です。









そして4月30日の夜はヴァルプルギスの夜(Valborgsmässoafton)を見に行きました。




そしてそして5月1日はArlaという乳製品の会社の牛の放牧を見に行って来ました。
シナモンロールと牛乳は無料で大勢の来場者に配られていました。




牛たち大興奮でしたよ。人間も(笑)。
スウェーデンの食べ物
先日、ダンナに勧められてMessmörという一見バターのようなクリームチーズのような物を食べてみました。(左は普通のサンドイッチです)

う〜ん、なんだろう…微妙な味です。
食べれない事はないけど、進んで食べたい物ではないなぁ。
変わった食べ物でトーストに塗ると言えば、オーストラリアではベジマイトが有名ですが、ベジマイトほど変ではありませんが、やっぱりちょっと変(笑)。

そしてもう1つこちらの代表的な食べ物の一つSill。ニシンの酢漬けです。

こちらは美味しかったですよ!
ダンナが岡山でママカリの酢漬けを食べた時に「スウェーデンでも似たような食べ物がある」と言っていたので、
どんなものかはだいたい想像出来ていたのですが、このSillのほうがママカリの酢漬けより甘くてお酢が少し弱いかもしれません。
ママカリの酢漬けより食べやすいのではないかと思ったのですが、どうかな?